So-net無料ブログ作成

【 yama_me. 】
Artist. Painter. Amateur Musician.
Andes25F(Keyboard blowing flute)player.
Check the state of my artwork and concerts from the category!
【 絵縒り屋(えよりや) やまメ 】店主。
絵描き。音楽少々。鍵盤吹奏笛アンデス25Fを演奏。
作品やライブレポートは、categoryからご覧頂けます。
[かわいい][Announcement:諸々告知][かわいい]
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

A story of a Dream:夢の覚書 ブログトップ

いやな夢だったけれど、自戒兼ねて。 [A story of a Dream:夢の覚書]

久し振りにいやな夢を見た。

性別や年齢、学歴、経歴、収入、出世、権力、身長、語学力、その他諸々の理由で、他者を侮るというのなら、それはつまらないことだ。
優しさややわらかさを弱さと認識し、人の光を見ることができないのなら、それは哀しいことだ。
自分が侮った者達の声が、思い掛けず己の弱き点を突いた時、それを怒りにするのなら、それもまた哀しく愚かなことだ。
人は可愛いものだから、時にそれらの感情に負けてしまう。
しかし同じく、それに気付く心も有している。

いやな夢だったけれど、自戒兼ねて。

タグ:

共通テーマ:アート

20190125-0126の夢:カペラの金星人 [A story of a Dream:夢の覚書]

白い砂浜を裸足で散歩している。
海はとてもきれいで、きらきらと輝いている。
空は晴れていて青空、とても天気が良い。
少し熱いけれど過ごしやすい気温。

小さな木製のコテージが見えて、呼ばれた気がしたので行ってみる。
銀色の長髪の若い(ウクライナ系?)女性が微笑んで挨拶してきた。
彼女の前には小さなテーブルがあり、その上にはきれいな水晶玉が置いてある。
どうやら彼女は占い師らしい。
「折角だから占ってあげるわ」と言うので、彼女の向かい側の席に座る。

彼女が水晶に手をかざす。
中を覗き込むと、小さな星々が浮ぶ宇宙が見えてきた。
その中の明るい星を通過すると更に宇宙は続いていて、また明るい黄色い星が見えた。
「あなたはカペラの金星人みたいね」と彼女は言う。

「ん?カペラって星の名前だよなぁ。
何座だっけ?…はえ座?見たこと無いし…。
っていうか、金星人って何だ? 私、地球人だし…。
細木数子のなら、‟木星人マイナス霊合星” だったはずだけど、あれ?違ったかな…」
…などとモニョモニョ考える。

更に彼女は続ける。
「今まで長い間、たくさんの苦労をしてきたのね、だからもう大丈夫。
ここまで来たのだから。
貴方が此処に来た理由は忘れているかもしれないけれど、概ね順調に出来ていると思う。
だからこのまま、貴方がやりたいことをやりなさいね。
時々孤独を感じるかもしれないけれど、それは昔の話の所為。
今は此処の自然に愛されている。」

と、彼女が私の右肩を指差す。
其処には、大きな金色の蜻蛉(オニヤンマ?)が1匹止まっていた。
ふと見上げると夕焼けの空が広がっていて、その蜻蛉がたくさん飛んでいて、きらきらと輝いている。
立ち上がると、そこはもう海ではなくて草原。
麦の穂が風に揺れている。
とても心地良くて、美しい風景。

-----
…ってところで目が覚めた。
調べたら、カペラは「ぎょしゃ座」でした(^^;)
確か、冬の星座。
最近星を見上げる時間が減っているから、観なさいよってことなのかしら(笑)。
色々落ち付いたら、ゆっくり眺めようと思います。


共通テーマ:アート

20190118-0119の夢:胡麻菓子の耳 [A story of a Dream:夢の覚書]

旅先で小さな和菓子屋を見つけた。
中に入ると、きな粉ねじり、南部せんべい、そばぼうろ、こけしアネス、大福など、昔懐かしい和菓子・駄菓子がたくさん並んでいた。
その中で、美味しそうな胡麻菓子を発見。
試食を頂くと、とても美味しい。
美味しそうに食べる私を見て、お店の店主さんが「胡麻菓子の耳、あるよ」と1本見せてくれた。
長さは30㎝くらい、太さは1~1.5㎝四方。
パンの耳、南部せんべいの耳、すあまの耳、たい焼きの耳、[三方六]の耳…あらゆる耳(切れ端、端っこ)が大好きな私。
「食べたい!欲しい!売ってますか?」と訊いたら、有難いことに「良いよ、あげるよ~」と。
「袋に数本入れて持ってくるから待ってて」と言い、店の後ろへ。
店主さんが戻ってくるまでの間、おかみさんから色々と美味しい試食を説明付きで頂きながら楽しく待つ。
でも、肝心の店主さんがなかなか戻って来ない。
ちょっと、心配になったので、おかみさんと一緒にお店の後ろに行ってみることにした。

-----
…ってところで目が覚めた。
とても美味しい和菓子・駄菓子を食べることができて、色々楽しいお話も聞けて面白かったけれど…胡麻菓子の耳ってあるのかな?


共通テーマ:アート

20190117-0118の夢:『なまらや』札幌店オープン [A story of a Dream:夢の覚書]

アトリエで絵を描いていると、ふとお腹が空いていることに気が付き、「あ~『なまらや』さんでご飯食べたいなぁ…」と呟いた。
隣の机で作業していた友人[カトペ]がそれに反応し、「あ!この前、[サッポロファクトリー]のレンガ館に札幌店がオープンしたよね~!」と。
(※カトペは中学生時代の友人で現在音信不通…元気かなぁ。)
「確か、先月の[ontona]と[JP01]で特集組まれていたよ」とも言うので、積み上がった雑誌や新聞の中から探し出して、其れ等を発見。

[ontona]では見開きで、店内の様子や商品の説明が記載。
[JP01]では冊子の半分を使って特集が組まれていて、それには『小樽発!最先端のフード&インテリアブランド「なまらや」札幌店オープン!』とあり、[サッポロファクトリー]のレンガ館の1フロアー全部を使って、先月オープン。
若い女性達を中心に、人気のスポットとなっていた。
扱ってる商品やインタビュー記事もあり、ちょっとしたカタログのようでもあった。

-----
小樽では飲食営業のみだった『なまらや』だが、札幌店ではフード部門とインテリア部門に分かれている。
フード部門は[ギタロー]さん、インテリア部門は[がんこ]さんが担当。

小樽の本店で大人気の食べ物が、レトルトで手軽に美味しく楽しめるというので、仕事で忙しいOLや主婦層に大人気。
特に最近は、[あおいねこ]さんとのコラボ商品「宇宙食風フリーズドライのローカーボスイーツ」がウケている、とのこと。

インテリア部門は2タイプの展開。
[えぞホネ団Sapporo]さんとのコラボ「laboratory」は、その名の通り、研究室がテーマのインテリアと食器小物が販売されている。
研究室風の食器棚、ビーカーやフラスコモチーフの食器に加えて、熱い物に反応して骨の絵が浮かび上がるマグカップ、醤油を注ぐとエゾシカ頭蓋骨が浮き出る醤油皿が人気らしい。
もうひとつの「Namaraya」は、よくある和洋の食器にわざと橋を欠けさせて金継ぎさせたような模様がついていたりして、「物を大切にする日本の心が伝わってくるようだ」と海外のお客様にも好評なのだとか。

どの商品にも『なまらや』ブランドとして、看板猫のマークがついている。

写真付きインタビュー記事では、
「これからも小樽ブランドとして、[boite de nuit haco]さんとコラボでおつまみパック、[cafe chobicha]さんとはお菓子詰め合わせなどを作って展開していきたい」とのこと。
但し、私の大好きな[大人プリン]は、「型から出すまでが商品なので、本店でのみの販売になる」とあり、

「え~!だったらやっぱり小樽まで行くしかないじゃない!」

-----
…と、呟いたところで目が覚めた。

あまりにも奇妙な夢なので、家人に簡単に説明。
私「なまらやさんに行きた過ぎて、札幌店オープンする夢を見た」
彼「(笑)!」
私「なまらやさん、何だか、無印良品だった」
彼「は?」
私「自分でも何言ってるかよくわからないけど、一言で言えば、そう」


共通テーマ:アート

20190115-0116の夢:宇宙ではやらなきゃいけない仕事がいっぱいある [A story of a Dream:夢の覚書]

宇宙…そこは最後のフロンティア。

私は某宇宙ステーションに勤務している。
役職としては、各種文書データの管理。
この部署で管理されるのは、公的施設の電子ライブラリー、個人の宇宙日誌、ステーション建設に関する図面データなど、多岐にわたるが、私は主に図面。
毎日チェックされるライフラインのデータ、工事修理内容の更新など、CPがまとめたものを確認する。

軽快な電子音が鳴り、連絡が入った事を知らせる。
職場のホログラム通話機に触れると、相手の顔が浮かぶ。
相手は、何故かエンタープライズ号のピカード艦長。
(見た目はフランス人だけど、声が麦人さんなのは、Star Trek:TNGテレビシリーズの影響・笑)
「暫くの間、宇宙ステーション内全域のライフライン管理を頼む」と直々のご連絡。

データは見たことあるけれど、初めての任務で一気に緊張する。
っていうか、そんな大事なこと、経験したことない私に任せて良いのか?
など、彼是考えながらも、準備を開始。

-----
自宅に帰ってからも仕事のことで頭がいっぱい。
宇宙ステーション全体の図面や各機関の細かいところまで確認。
やる事はほぼPC任せなところがあるので簡単で単純ではあるけれど、何しろ数が多く、多岐に渡る。
また、万が一ミスが発生した場合、ステーションにいる全員の生命にも関わる。
ひとつひとつは短時間で済むものだけど、全部やれば長時間に及ぶ作業で、一日中掛かる。
計画を立てて、手間良く済まさなくては…。

自室の机の上に浮かぶ3D図面を見ながら彼是考えているのに、背中に家人が乗っかってきた。
大きい体なので、セントバーナードに絡まれているくらいに重くて…はっきりいってウザい(笑)、仕事の邪魔。
思わず、「簡単な事のようにみえるかもしれないけれど、どれもこれも大事な仕事で、ひとつひとつこなしていかないと大変なことになるんだよ!ステーション内だけじゃない、宇宙に出なきゃいけないこともある。ある意味、命がけなんだよ!」と声を荒げてしまう。

-----
…って、ところで目が覚めた。

勤務先は残念ながらエンタープライズ号ではなかったけれど、あのコスチュームが着れただけでも喜ぶべきかな(笑)。
出来れば、胸のコミュニケーターを使ってお話したかった。


共通テーマ:アート

20190111-0112の夢:ここが僕のアナザースカイ [A story of a Dream:夢の覚書]

解る人にしか解らないネタだけど…。

-----
テレビを観ていたら、[ハシモトコウ]さんが出てきて、[コンカリーニョ]内を彼是ウロウロと紹介しながら歩き回り、途中で御馴染みの方々が出てきたり、思い出を話したりして。
それから、暗い舞台の上でひとり、ピンスポットの中で一曲演奏。
最後、劇場前の入口に立ち「ここが僕のアナザースカイ、コンカリーニョです!」って両手を広げて…。

「え、ホームじゃないの?」「いや、日本国内だし!」って、テレビに向かってツッコミいれる夢をみた。

-----
どんだけライブが楽しみ過ぎるんだよ、自分(笑)。
https://yama-me-mo.blog.so-net.ne.jp/2019-01-16

タグ:

共通テーマ:アート

20180828-0829の夢:あんたは間違っている [A story of a Dream:夢の覚書]

部屋でひとり、原稿を描いている。
明後日が締切、明日には仕上げて提出したい。
日中は働いて、帰宅後に描いているので、この時間は貴重。
黙々と描き続ける。


ふと、ドアを乱暴に叩く音。
私が開ける前に、音の主が勢いよく開ける。
嗚呼、また彼女だ。
彼女の足元には50*30くらいの段ボールがひとつ置かれていた。
「私、これから三味線と踊りのお稽古行くから、これ片付けておいて」
と、今回もいつも通りの上から目線口調。

またか…と思いながらも、いつもは呆れてばかりで言葉に出来なかったが、今回ばかりは少し言わせてもらう。
「私は今締切に追われているからそれは引き受けられないし、だいたいそれは貴女自身がやるべきことなんじゃない?私は迷惑だよ。」
するとまたいつもの「いいじゃん、従姉なんだから」。
溜息ひとつ。
「そういう問題じゃない。この後の予定を知っていたなら、自分で時間調整が出来たでしょ?」
そう伝えると、また彼女お得意の返答。
「訳わかんない。ホント使えないなぁ!死ねばいいのに!」
そう言うと、段ボールを残して、怒りながら去って行った。
勿論、私はそれを無視した。
私は彼女の奴隷ではないし、八つ当たりの対象になりたくないし、以前からそうでは無いと気付くべきだったと後悔しているから。

少しでも自分の感情を言葉に出来たことが嬉しかった。


部屋に戻る。
小さな窓から光が見える。
この部屋は暗いし狭い。
けど、自由だ。
誰も私を見下さないし、侮辱しない。
身体や心が痛くて悲鳴を上げた時にさえ私を罵った人達もいない。
私は自由だ。
それがとても嬉しかった。
嬉しくなったので、ちょっと歌をくちずさんだ。

と、後頭部に強い衝撃。
誰かに殴られた。
振り向くと、母が鬼の形相で立っていた。
「うるさい!」
また殴ろうとする。
慌てて身構えながら、反論する。
「うるさかったのなら謝るけれど、何故此処に勝手に入ってきたの?
どうして直ぐに殴るの?先ずは声を掛けるのが普通じゃないの?」
母は聞く耳を持たない。
「うるさい!出ていけ!」
…って言ったって、この部屋は私の部屋なのだ。
「暴力の前に、会話で解決しようとは思わないの?」
「うるさい!黙れ!」

流石に私も切れた。
何度か大声出そうと思うが、なかなか思うように声が出せない。
やっと振り絞って声が出た。

「あんたは間違ってる!」

------

…と、自分の声で目が覚めた。
目の先には、きょとんとした表情の家人の顔。
少し時間を置いて、状況が読めてきた。
途端に恥ずかしくなって、お互い大笑い。
それから、この時間が本当に有難く思えて涙が溢れて、また笑った。

タグ:

共通テーマ:日記・雑感

20180722-0723の夢:校長先生の言葉 [A story of a Dream:夢の覚書]

小学校か中学校か、何処かの学校。
夕暮れ時の校長室。
校長先生にお茶を運ぶ。
校長が一口お茶を飲んでから、ふと語り始める。

「人は勝手に好きになり、勝手に嫌いになる。
相手の中にいる自分を見て、嫌いになる。
自分に近い年齢のもの、自分がやっていることに近いことをしているものに対し、批判的になる、嫌いになる。
自分に近いほどその度合いは大きい。
嫌なものや目を背けたいものが自分に近いほど、それだけ嫌いになる。

それに、歳を取ると思考の柔らかさがなくなるから、その度合いは更に大きくなる。
顕著になる。
自分の中の憤りや批判を相手にぶつける。
人は歳を取ったから大人になるのではない、偉くなるのではないのに。
そういう人に会ったこと、あるだろう?
それが新しいものを見つけたりする可能性を失わせる。
人としての成長を止める。
だからそうなってきたのなら、気をつけた方が良い。

もしそうなってきたのなら、相手の良いところ見つけて、それを伝え、褒めるようにすると良い。
他者には他者の人生と経験がある、思考がある。
それは自分の中に新たな発見をすることでもあり、また互いに豊かな成長を促し、良い世界を作る種にもなるよ」

タグ:

共通テーマ:アート

20180712-0713の夢:止まらないおしっこ(笑)、そして皆で楽しく食事会 [A story of a Dream:夢の覚書]

友人と会う約束をしていて、待ち合わせ場所に向かう途中で排尿感。
近くの美術館のきれいなトイレを借りて用を足す。
なかなか尿が止まらず焦る。
すっきりしてからトイレを出ると、友人が待っていた。
彼女に連れられて階段を上ると、宮殿みたいな豪華な会場にテーブルが並んでいて、皆が座って待っていた。
食事は何れも豪華で、皆で楽しくお喋りしながら美味しく頂く。
と、また、排尿感。
宮殿内のトイレはこれまた豪華で美しかった。

タグ: トイレ

共通テーマ:アート

20180707の夢:幾つもの部屋 [A story of a Dream:夢の覚書]

コンクリートでできた古い建物の中。
天井は高く、室内は教会のホールのように広い。
開け放たれたままの扉や窓からは暗く重い曇り空と荒れた海、打ち付ける波とその飛沫が見え、冷たく湿った風が入ってくる。
部屋の中央にコンクリート製の台。
冷たい台の上に、身体中が浮腫み赤くなった老婆が、膝を立てて足を広げて寝かされている。
顔には白い布巾が被されていて表情は見えないが、唸り声から苦しんでいる様子は判る。
側には同じように頭から白い布巾を被った看護婦が二人。
何もせずに、ただ頭をうなだれたまま立っている。
老婆の叫び声と共に、彼女の股の間から人の頭が見えてきた。
先ず黒い髪が見えて、次に見えたのは成人男性の頭。
ぬめぬめとした体液にまみれ、その後の身体はぬるりと排出された。
身体は瘦せた馬のよう。長身。顔に目と口が見当たらない。
老婆の顔に掛けられていた布巾が風で飛ばされる。
顔は無く、頭は丸い灰色の石だった。

痩せ細った青い老人が駆け寄ってきて、その男性の上半身を胸に抱える。
「長い間生まれずにずっと苦しんでいた。やっと生まれた」
そして私の方を見て、「お前はこのことを伝えにいかなくてはいけない。何処に行くべきか、誰に伝えるべきか、どうすべきかは知っているはずだ」と言う。
私は何も頭に思い浮かばなかったが、行かなくてはいけないと思ったので、遠くに見える扉から外に出た。

建物の外は直ぐ水辺で、道幅は1m程度。
外は曇り空。海の臭いがきつい。
川面は荒れ、水は濁っており、波が足に掛かる。
建物の壁に沿って歩いていくと、壁はいつしか岩壁になり、洞窟に入ったことが解った。
そのまま奥に進んでいくと、洞窟に流れる川に掛かるように建てられた、大きな白い建物が見えてきた。
幾つかの正立方体で形成された建物には幾つもの窓と扉があり、剥き出しの階段やパイプなども見えた。
道沿いの扉から中へ入る。

中は薄暗く、長い廊下が続いていた。
両脇に非等間隔に木製の扉が並んでいる廊下を進む。
開けられたままの扉が見えたので覗き込むと、みすぼらしい身なりをした腰の曲がった女性が、黄色と黒のテープが巻かれたモップを使って、床を掃除していた。
床の一部は赤く変色していて、室内は鉄の臭いがした。
「手伝ってよ」というので、壁に立てかけてあったモップで同じように掃除し始める。
が、なかなか染みは取れない。
そうこうしているうちに、扉の向こう側に同様なたくさんの女性が集まってきた。
私がそれに気が付くと、彼女たちが一斉に私に詰め寄ってきた。
彼女達の顔は平面で、目や口や鼻の大きさが一定ではなく、彼方此方を向いてバラバラに付いている。
動きはカクカクしていて、一昔前のストップモーションアニメのよう。
「何故此処にいる」「羨ましい」「行きなさいよ」「行かなきゃ駄目よ」「頑張って」と各々が様々な事を一斉に言ってくる。
彼女らに気押されて、奥の扉から部屋を出る。

その部屋は暗く、冷たく、静か。
足音の響きから広い部屋なのだと解る。
鉄製の立方体の台が二つ並べられていて、そこに光が当たっている。
見ると、それら台の上にはΦ20cm程度のホールケーキ、1/2。
片方はダークチョコレートケーキ。もう片方は赤いソースの無花果ケーキ。
手前にあった無花果ケーキの一片を口に運ぶ。
食感はねちょねちょとしていて、風味は無く、ただただ甘く、不味い。
噛む毎に赤黒いソースが溢れてきて、口からだらだらと落ちていく。
二口程度食べたが、食べきる事は出来なかった。
部屋の向こう側に明かりが見えたので其方に向かうと扉だった。

扉を開けて中に入る。
中は真っ白、先程と比べると明る過ぎて目が眩みそうになるほど。
ほんのり温かく、防音室のような静けさ。
目の前に、白くて綺麗な大きな塊とベルトコンベヤーと椅子が見えた。
その塊が肌触りが良く、きめが細かくてきらきらとした粘土のようなものだった。
ほんのりと優しく甘い香りがする。
椅子に座り、その粘土を手に取り、こねる。
掌に乗るくらいのロールパンのような、美しい楕円形の立方体を作る。
それをベルトコンベヤーに載せると、そのまま運ばれていった。
どれも同じ形で、一つも異なったものが無く、白くすべすべしていて、表面がきらきらと輝き、美しい。
作るのは楽しく、環境も良いので、暫く夢中になっていたが、だんだん飽きてきた。
ただ同じもの、ただ見た目だけ美しいものを作るのに飽きて、苦しくなってきた。
向こう側に小さな扉が見えたので、そこへ行ってみることにした。

油絵の具を塗り固めたような曇り空。一面が泥で埋もれていた。
泥の中を進む。足は重たく、冷たい。雨と土の香り。
泥を手に取ってみた。
何か作れそうそうだと思い、先ずは小さな山を作ってみた。
最初は苦労したが、だんだん塊をつくれるようになり、様々な形に変化出来るようになった。
思い通りにならないこともあるが、それもまた楽しく、夢中になった。
ある程度の大きさになった時、その塊に白い物が浮かんだ。
小さな白い花が咲いていた。
ふと光を感じたので見上げると、大きな樹の下にいた。
私が作ったものが樹の幹になっていた。
幹から様々な色の花が咲いてきた。
気が付くと、空は晴れていて、周りは草原になっていた。

木漏れ日の中に、透明感のあるガラスのような銀色の階段が見えた。
登ると、一足毎にオルゴールのような音が響いた。


共通テーマ:アート

20180213-0214の夢:虹色の蛙に出逢う [A story of a Dream:夢の覚書]

身体の色が虹色に変わる蛙に出逢う。
「儂は五天の山に住んでいて元は龍の形をしてたんだが、今では蛙になってしまった。
これから旅に出るので、お前、支度して付いて来い」
と、突然言われて、わたわた準備する夢を見た。

「ゴテン」が、五天なのか、呉天なのか、御殿なのかは不明。


nice!(0) 
共通テーマ:日記・雑感

20171126-1127の夢:倒壊した建物、灰色の街 [A story of a Dream:夢の覚書]

半壊した大きな建物、まばらな灰色。
コンクリート?学校?
建物内はほぼ暗闇。
点滅する電球、細長い廊下、砕けた隙間から入る外部の光。
酷い臭い。濃い所と薄い所がある。
息苦しい。
そこに人が死んでいたと判る跡と血の跡、骨が多く残る。
未練を遺して死んだ、恐ろしい姿をした亡霊達も多く住む。
-----
(いつもの場所。幼い頃から現実世界で不安になると、夢の中では此処にくることが多い。)
-----
少年である私は、死の恐れ、亡霊への恐怖、絶望とで疲れ切っている。
体中が痛い。背中や脚がミシミシと痛む。
でも、未だ歩ける事、走れる事が彼に残された僅かな希望、なのかもしれない。

外が暗くなってきた。
建物内が更に暗くなる。
亡霊達の呻き声が聞こえる。

壊れた壁に出来た穴から外へ這い出る。
建物から繋がる土塁の上を歩いて、町が見下ろせる場所へ。
小さな町、僅かな建物。
夜が深まると、灯火がひとつずつ増えていく。
それを見ても私は絶望から回復されず、いつまで生きていけるのだろうという事を思っている。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

20170101-0102の夢:クリスマスの街を飛ぶ [A story of a Dream:夢の覚書]

20170101-0102の夢

水晶の部屋、城、教会、金と銀に輝く、光溢れる。
上司(司祭?)から、小さな金色の円盤を手渡される。
光がほのかに溢れ出ている、僅かに揮発しているような。
「これを届けに行くように」と言われる。

身体が上昇し、光に包まれる。
光が消えた時には夜空の中にいた。
冬の北欧、石造りの街並み。とんがった屋根、教会、中世。
雪で銀色に輝く街、イルミネーションのように幾つもの光が見える。

届け先、小さなおもちゃ屋に降りる。
窓から見える店内ではおじいさんが玩具の修理をしている。
店内に入り、おじいさんの側に立つと此方に振り向き「来てくれてありがとう」と言われる。
存在は認識されているけど、姿は見えてないようす。
小さな円盤をおじいさんの頭に載せると 円盤は消えて、おじいさんの中に。
それを見届けてから店を出ようとしたら、「君はヴァーチャーだったか。街中を見ていくといい。クリスマスだから」と声を掛けられる

また夜空に戻り、しばらく街の上を浮遊。
街中を歩いてみたくて降りる。
上から見えていたの光は家々から溢れる光やイルミネーションでもあったのだけど、人の中にある光でもあった。
やわらかな光。

人間の友達が出来ないかとわくわくしたのだけど、どうやら皆には見えてないようでがっかり。

帰ろうと飛び立った矢先、暗い部屋を見つける。
中には若い男女がいて、心中をしようとしていた。
ふたりには太いギトギトねばねばしたコードが巻き付いていた。
こんなクリスマスに死ぬ事はない。コードを取ってあげるから、ふたりで生きなさい。
と語りかけ(聞こえてないみたいだったけど) コード外しに取り掛かる。
かなりの難者で悪戦苦闘をしながらも、途中仲間が手伝いに来てくれて外す事が出来た。
あとはふたり次第。
コードがなくなったのを見届けてから、また空へ。

何故、人は折角身体を持って生まれたのに死のうとするのだろう、勿体無い、と思った。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

20160723-24の夢:プリンシパティからヴァーチャーへ [A story of a Dream:夢の覚書]

20160723-24の夢

プリンシパティからヴァーチャーへ
仕事が変わったというお知らせと、業務内容の引継ぎ。
服装は相変わらず自由。

仕事は主に伝令と、通常業務=除去
この世は美しい、素晴らしいと伝えること。

あまりにも人(経験が浅い地上の天使)と変わらない生活をしているので、自分が天使であるという事とか、自分の仕事を忘れてしまう天使もいる。
人の中には悪魔が潜んでいてしまう。
それに見合った力で押し出さないと、人にも危害が加わるので、注意をしなくてはいけない。
それぞれの悪魔がにあった光に合わせないと、効果がない。
武具はない。
眼で観る、見つける、確認する。
存在を確認された悪魔の多くは、一旦退散したり、一時的に力を失ってしまう。
強力な力を持ってしまった悪魔には、あまり効き目が無い。
(自分が仕事を忘れていても、意識は仕事は行うので、観てしまうという感じになる事が多い)
人から攻撃されても抵抗して力(実在する体の力、腕力とか)を使ってはいけない。
自分が弱いのではない、各々の天使が役目に合わせて、そういう風に身体が設定されている。
だから怪我する天使もしばしばいる

今までは観るという除去の仕事から、プラス伝令(美しさを伝える、奇跡を見つける、楽しさを伝える、地球は良い、生きてるのは楽しい)等の仕事。
更に仕事として言い渡されたので忙しくなる。

私は翼のある白馬を頂いた。
白から紫(桃紫)のバイカラー
講師(伝令者)は黒。
黒から紫(濡れたカラスの翼のような)

仕事に見合った天馬が与えられる。
天馬のレベルが上がると速さと光、美しさが上がる。
天馬自体実態がない。
実際は馬の形はしていない。観念の形。
馬の形に見えたのは当初だけで、確認の為。
スピードや時間の象徴。
だから、馬の形じゃなくて、時間とか車とか人とか手紙とか、様々な形で運び、伝え、届けに来る。
動かすもの、持ってくるもの、伝えてくるもの。
人によっては、天馬じゃない形に見えるかもしれない。

役目が変わったから速さ(天馬)が変わった。
仕事がヴァーチャーになったので、いつもよりスピードが上がる。
乗りこなすにはある程度の練習が必要。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

20090927の夢_No2 [A story of a Dream:夢の覚書]

白い土、白い土壁、色とりどりの絨毯の上。
生活が感じられるくらいに、色あせている。
一面だけが開いた壁。
青い空と白い雲が見える。乾燥した空気。暑い。
(インド?)
ナチュラルコットンで出来たスカート。
黒と茶色がベースの生地に赤と金色の細かな刺繍がされたスカーフを頭から羽織り、顔だけ出して空を見上げる。

でも、私はここの人間ではない。
旅してここに来ている。
今日もあの人の為に花の絵を描こう。
傍らの絵皿に絵具と水を入れて指で溶く。
気持ちよい触感。

花を探して、粗末な木材で出来た扉を開けて別の部屋へ。
何もない部屋。絨毯のみ。
ここの部屋は、部屋と言うより軒下に近く、片面に壁が無く開いている。
横の重たそうな扉を開ければ、中は豪華な寺院だ。
私は入れない。

また扉を開ける。
絨毯の上で男3人が水煙草(パイプ?)を吸っている。
見たことない顔の私をじっと見ている。
顔を隠すようにしてその横を抜けて次の扉へ。

部屋には染めたばかり?の生地が干してあった。
その横を抜けて次の扉へ。
何もない部屋、外に面した壁に青い花が咲いていた。
それを摘み、また扉を開けるともうそこは路面だったので、隙間から様子だけを伺い締める。

振り返ると子犬が居た。
嬉しそうにこちらに顔を向けて、しっぽをふっている。
小狐みたいな色をした鼻が長い子犬。
撫でると指を舐めてきた。
鼻先が湿っぽい。

それから、元来た部屋へ戻る為に扉を開ける。
鈴の音色がしたので干し物をすり抜けて外を見上げると、隣家の家の軒先に洗濯物と鈴。
よく見ると、この部屋の軒先にも色とりどりのリボンが付いた鈴が下げてあった。

心地良い風が吹いてきた。
花の香りがする。
空が何処までも青くて、雲がぽかりぽかりと浮いている。
幸せだと思った。


タグ: インド
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

20090927の夢_No1 [A story of a Dream:夢の覚書]

古い木製の列車。
がたがたと揺れている、動いている。
満員。
皆が隙間なく立って乗車している。

午後の陽射しが差し込んで、車内に強めのコントラストを作る。
外は広い草原と田園風景。
時折川と林が見える。
(イギリス?ドイツ?フランス?ヨーロッパだ。)

私はセピア色、珈琲色のシンプルなドレスを着ている。
申し訳ない程度のコサージュが乗っている、縁の広い、セピア色の帽子。
でもこれが私の一張羅なのだ。

左手の四角い皮製鞄には画材がぎっしり。
右手の鞄にも画材と、旅行の為の小物がぎっしり。
肩と腕が軋む位、ずっしりと重たい。

人を掻き分けて、先頭車両を目指す。
なかなか進めない焦燥感。心だけが先にある。
鞄の中身がカタカタ鳴る。

会わなくてはいけない。
幾つものドアを開けて先頭を目指す。
先頭の方の車両にはあの人がいる。
今会わなくては、もう逢えなくなる。
また、会えなくなる。
私はまたしても、おいていかれるのだ。

鞄が重たい。
腕が重たくて痛い。
ヒールが高めの編み上げブーツが走り難い。
外出用の靴で、いつもの靴じゃないから思うように走れない。
帽子が邪魔だ。
スカートを右手で少し持ち上げているものの、鞄が邪魔で走り難い。
後悔。

息が切れる。喉が痛い、血の味。
額に汗が滲み、時々流れる。
人が沢山乗っていて、前に進み難い。
すみませんと何度も言いながら、ただただ前へ前へ、先頭車両を目指して進む。
会わなくては。
もう次の駅を降りてしまったら、また、もう2度と逢えなくなるかもしれない。
不安を抱えながら走る。


タグ: 汽車
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感
A story of a Dream:夢の覚書 ブログトップ