So-net無料ブログ作成

【 yama_me. 】
Artist. Painter. Amateur Musician.
Andes25F(Keyboard blowing flute)player.
Check the state of my artwork and concerts from the category!
【 絵縒り屋(えよりや) やまメ 】店主。
絵描き。音楽少々。鍵盤吹奏笛アンデス25Fを演奏。
作品やライブレポートは、categoryからご覧頂けます。
[かわいい][Announcement:諸々告知][かわいい]
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

Cafe,Shop etc:お店 ブログトップ
前の30件 | -

[whip]さんの新たな門出と「くちぐるま」ブローチ [Cafe,Shop etc:お店]

60306224_2229449310476577_7955231214124662784_n.jpg60628025_2229449307143244_8388224880327262208_n.jpg大好きな焼菓子店[whip]さんがお店をたたんでしまうので、ご挨拶とお買物しに行った。
暫しのお別れなので、焼菓子と共に、気になっていた陶土製ブローチ「くちぐるま」も購入。
乗ると噛まれて怪我する(笑)。

閉店してしまうけど、これから先やりたいことの話を聴かせて頂いたら、此方までワクワクしてきた。
良いなぁ、良いねぇ、楽しそう!
私も頑張ろうって思えた。
ありがとうございました。
ご馳走様でした。
次また会える時が楽しみです(*´ω`*)


共通テーマ:アート

由仁町[Gallery&Cafe BENNU]さん [Cafe,Shop etc:お店]

服飾作家[HONEY MIKA]さんの作品を観たくて、由仁町[Gallery&Cafe BENNU]さんへ。
以前から「素敵なカフェギャラリー」とは聞いていたけれど、初めてお伺いして、その広さに驚く。

工房兼ギャラリー兼カフェのオーナーでもある陶芸作家ケイト氏の可愛らしい作品が店のあらゆるところにあり、その明るい雰囲気と合わさった店内は、春の日差しの中にいるような心踊る気持ち良さ。
更に奥の部屋も広くて天井が高く、大きな絵や様々な服飾やアクセサリー、インテリア雑貨が展示販売されており、その鮮やかさでテンションが上がる。
カフェコーナーは、少し照明を落として落ち着いた雰囲気。
日本の古い家にあるような懐かしい家具とアジアンテイストが上手くミックスされていて、何だかほっとする空間。
こんな風に広いスペースを演出出来るなんて…すごい。

-----
折角なので、カフェコーナーでひと休み。
ケイトさんの食器を使って味わえるのが良い。
展示では「ちょっと重いかな」と思っていたマグも、実際に使ってみると、ほっこりと手や口に馴染むのが実感できる。
ケーキのレイアウトもお洒落。
本物のお花を使っていて、ケイトさんの大らかな絵柄に良く合う。
その花がかわいいかったので、指輪風にして遊んでみた。

-----
[HONEY MIKA]さんの作品は自由で、いつ見ても楽しくてワクワクする。
いつも何だか勇気と元気がもらえる、そんな服と作家さん。
彼女の作品も、どれもこれも素敵なので、いつかお迎えしたいとずっと願っている。
お財布と相談しつつ、私に勇気の追加魔法を掛けてくれるような服との出逢いを待っている。

-----
58749441_2205783569509818_5188583032033902592_n.jpgGallery&Cafe BENNU
住所=夕張郡由仁町西三川722
電話=0123-87-3929
営業時間=5月から10月までの土日のみ 11:00~18:00
定休日=月曜~金曜
https://www.facebook.com/GalleryCafe-BENNU-285420414877991/


共通テーマ:アート

長沼町の[アンティークギャラリーあまりや]さん [Cafe,Shop etc:お店]

欲しかったCDを購入しに、長沼町の[アンティークギャラリーあまりや]さんへ。

そのCD『My Favorite Music 2 -小松崎健とその音なかまたち』を、いつかお店に行った時に購入しようと決めていた。
https://www.facebook.com/1215528615212795/posts/1315785441853778?s=100002345882970&v=i&sfns=mo

全18曲。1枚2000円。
ハンマーダルシマー、ギター、タブラ、ピアノ、馬頭琴などの楽器を使用した、耳と心に優しい音楽。
CDの売上は[福島原発告訴団]活動資金に寄付される。
http://blog.livedoor.jp/lora2003/archives/66076727.html

-----
GW中らしく、店内には多くのお客様がいらっしゃって談笑されていた。
優しくて可愛らしく丁寧に作られた店内は居心地良く、もしお茶でも楽しめるなら長居してしまいそう。
その温かな空気、窓から見える景色と相まって、アンティーク食器や天井から作るされたヒンメリが更に美しく優しく見える。

-----
59273975_2205783582843150_4389843157928378368_n.jpgギャラリーあまりや
住所=夕張郡長沼町西5線南4
電話番号=0123-88-0922
https://www.recruit-hokkaido-jalan.jp/guide/k00129


共通テーマ:アート

長沼町[こかげ喫茶室]さん [Cafe,Shop etc:お店]

GW中、長沼にある[こかげ喫茶室]さんへ。

普通の一軒家に見えたけれど、中に入ると玄関が広くて、部屋多く、元々は陶芸家のご自宅だったとのこと。
畳の和個室には絵本や塗り絵なんかもあって、丁度幼い子を連れた方々が食事を楽しんでいた。
手前の居間の窓から見えるお庭と、奥の部屋の大きな窓から見える山間の樹木が素晴らしく、季節毎、時間の移り変わりで楽しめる自然の色合いや光、風や鳥達の遊ぶ様が観え、それだけで時間を忘れる。
店内を流れる心地良い音楽に、外から聞こえる小鳥達のさえずりが重なる。
穏やかな時間。

お店の蔵書の中から一冊を手に取り、生ハムのマフィンサンド、牛蒡のポタージュ、季節のハーブティーを頂きながら読書。
ふわふわのポタージュの香りと味が濃厚で素晴らしく、思わず唸る。

その本、片桐はいり著『わたしのマトカ』冒頭、サルミアッキを食べるシーンを読んで、あの味を思い出してニヤリとする。
あの味を克服した片桐さんはすごいなぁと感心する。

-----
帰り際、お庭を少し散策。
低木の桜の花に鼻を近づけると、甘く良い香り。
やや暫くスハスハと楽しむ。
遠くでウグイスが心地良さそうに、少し自慢気に鳴いている。

帰路、お散歩中の猫と遭遇。
いつものように「ニャー」と声掛けるも、咽喉の不調で「ギャァーオ」と、ちょっと盛りがついた時みたいな鳴き声になってしまう。
猫氏、立ち止まってくれるも「誰だ、お前?」みたいな顔。
そりゃそうだよね、こりゃまた失礼致しましたっと。

-----
59022592_2205783562843152_7864640488312143872_n.jpgこかげ喫茶室
住所= 夕張郡長沼町東6線北3
電話= 0123-76-7217
営業時間= 9:30~17:00
定休日= 月曜 火曜 ほか不定休
完全禁煙
https://tabelog.com/hokkaido/A0107/A010704/1042457/


共通テーマ:アート

栗山町の[くりやまクリエイターズマーケット] [Cafe,Shop etc:お店]

57360278_2175662972521878_3322983379070091264_n.jpgお墓参りの帰り、通り道じゃなくて回り道だった(笑)けれど、ずっと行きたかった[くりやまクリエイターズマーケット]さんへ。
http://www.town.kuriyama.hokkaido.jp/docs/2017120100075/
https://www.facebook.com/kuriyamaCM/

-----
会場で『はぴカフェ』というイベントを開催中なのは知っていたけれど、町に入った途端、人のかたまりがアチラコチラに多数。
「ハンドメイドイベントでこんなに人が来るなんてすごいな」と思ったのですが、それはちょっとだけ間違いで…(笑)。
この日は『くりやま老舗まつり』、『ふるさと田舎まつり』、『本格手打ちそばまつり』、『吟醸酒風呂』のイベントが同時に開催されていたのでした。
偶然だったけど、何だかラッキー!

-----
[くりやまクリエイターズマーケット]に行って、顔馴染みある仲間達と挨拶。
まさか来るとは思っていなかっただろうから「あれ!」って驚かれたのが嬉しい。
色々な作品を観ながら、彼是とお話し出来たのも有難かったなぁ…(´ω`)

温かな雰囲気漂う店内に、多種多様なハンドメイド作品がいっぱい。
「栗山」らしく、様々な作家さんの栗にまつわる作品があるのが、特徴かも。
丁度店内では、主に子供を対象とした手作り体験会も催されていて、かなりの盛り上がり。
店内は笑顔に溢れていて、とても素敵な空間になっていました。
今度お伺いする時は、レーザーカッター講習を受けたいなぁ。

-----
折角なので『ふるさと田舎まつり』会場にも足を延ばしてみました。
人がいっぱいで、様々な美味しい食べ物がたくさん!
でも、ランチ食べたばかりだったので、残念ながらお腹いっぱい…なので、スープを旦那氏を半分こ。
ご馳走様でした。

会場で[SDGs]の看板を発見。
[栗山青年会議所]さんが推進しているようで、Tシャツ来ている人もチラホラ。
昨今、このポスターを見掛けるようになったから、皆も「あれは何だろう」って思っているんじゃないかな。
何となくは解っているのだけど、もう少しちゃんと[SDGs]について知りたいと思う。
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html

-----
数時間しかいなかったけれど、とても居心地良さそうな町でした。
もし、仕事があるのなら、ここに移住するのも良いかなぁ…なんて思ってしまう。
今度はゆっくり散策しに来たいな。


共通テーマ:アート

[ 三笠高校生レストラン|mikasa cooking essor ] [Cafe,Shop etc:お店]

56970944_2175650379189804_2084314042104545280_n.jpg今日は絶好のお墓参り日和!
ご先祖様方に挨拶しに行ってきました。
何しろお彼岸でもないので、墓地には人気は全く無かったのだけど、その分ゆっくりとお話できたのが嬉しかった~。
お水を墓石に掛けてあげたら、祖母の気持ち良さそうな顔が見えた気がしました。

-----
ランチは『三笠高校生レストラン mikasa cooking essor 』へ。
https://mikasa-highschool-restaurant.com/
もしも爺ちゃん婆ちゃんが未だ生きていたら、一緒に来たかったな…。

レストラン[調理部 まごころきっちん]は待ち人が多数溢れるほどの大人気っぷり。
https://www.facebook.com/magokoro.MKS/

なので、イートインスペースがある[ESSOR STORE]でハヤシライスを頂きました。
https://www.instagram.com/mks.tiikirennkei/

お土産は、「三笠の鶏醤」。
https://www.rakuten.co.jp/kei-syo/
調理部プロデュース「玉葱の梅塩麹漬け」。
それと、[製菓部 Cherie]の「ルバーブのデニッシュ」「紅茶のロッククッキー」。
https://www.instagram.com/mks.cherie2017/

丁寧で初々しい高校生スタッフさん達の対応に、何だかほっこり(*^ω^*)
彼らの働く姿を見ながら「私の高校生の時ってどんなんだったかな」「初めて絵のお仕事を頂いた時って高校生だったな」とか思い出して、初心に帰れた気がしました。


共通テーマ:アート

銭函のカフェ[ペルプネ]さん [Cafe,Shop etc:お店]

54437206_2141765549244954_4380212836228399104_n.jpg去年の春、[yukimichi]さんのイベントで購入した[ペルプネ]さんの『Harissa(ハリッサ)パウダー』。
https://yama-me-mo.blog.so-net.ne.jp/2018-05-21
始めて使ったのだけど、味噌汁や納豆に入れたりして、私も旦那氏もハマってしまい、今や無くてはならない調味料。
それが尽きた頃、某輸入食品店オリジナルのハリッサを購入したけど、コレがうま味調味料の味がして…私的に美味しく感じられず…。
やはり[ペルプネ]さんのハリッサが欲しくて、銭函にあるお店にお伺いした次第。

-----
初来店の隠れ家的カフェ。
実はちょっと道に迷った(^▽^;)
カウンター席が6~7席くらい、高い天井と大きな窓と天窓が気持ち良い。

手打ち麺で自家製花椒油使用の『油そば』、モチモチ歯ごたえある釜揚げうどんの『カマキリ』、自家製シロップのジュース、[徳光珈琲]さんの珈琲(ハンドドリップ)を頂く。
いずれも美味~♪
味や食材は勿論のこと、器使いにもお店のこだわりが感じられて、目にも美味しく頂きました。
今度はカレーが食べたいな。

お店の方と、器、調味料、お店のリフォームの事など、色々な話で盛り上がる。アレコレ飲食しながらお喋りを楽しんでいたら、あっという間に2時間くらい経っていた(笑)。
特に調味料開発の話は面白く、試食させて頂いて『デュカ “ピスタチオ”』も購入。そして帰り際、やっぱり気になっていた『ラムプリン』と『チョコレートのプリン』も購入。
ちょっと買い過ぎたかな(笑)…でも悔いなし!

ご馳走様でした(*´ω`*)

-----
■perupnei(ペルプネ)
小樽市銭函3-23-6
https://www.instagram.com/perupnei/?hl=ja
https://perupnei.base.shop/


共通テーマ:アート

カフェで食べる自家製味噌ラーメン [Cafe,Shop etc:お店]

53869227_2135048656583310_8703803701254422528_n.jpg食材の買い出しの帰り道、久し振りに[cafe ふわっと]さんへ。
https://mothersfuwatto.hatenablog.com/
「お客様から色々アドバイス頂いて…」と、開店仕立ての頃にお伺いした時よりも機能的に配置などを改修されていた。
それもあり、以前よりも過ごし易い雰囲気に。
様々なお客様に愛されているのだなぁと思うと、何だか嬉しくなった。

今日はイベントの日で、自家製味噌ラーメンが食べられる日。
カフェで食べるラーメン…興味津々。
お野菜たっぷりラーメンで、もやしシャキシャキ、白菜とろとろ。
トッピングでプラスしたチャーシューがお値段以上にボリュームあって、ほろほろ旨し。
食後にサービスで頂いたゼリーのお陰で、食後のお口がさっぱり。
ご馳走様でした(^_^)


共通テーマ:アート

[LIKEA! Coffee]さんで読書。 [Cafe,Shop etc:お店]

ルケア.jpg久し振りに、[LIKEA! Coffee]さんへ。
今年初めてだったかも。

[スオミブレンド]を注文して、早速、店内や本棚を探索。
私の『一日一手展』鑑賞時の記事を見てくれていたマスターから「とあるカフェでお会いした時に買わせて頂いたんですよ」と、[市川義一]さんの『ひとふでがきでかいたアルファベットの絵本』を見せてくださった。
とても面白い!
分割方法によって現れる意外な形、色の組み合わせ…市川さんによりデザインされたアルファベット達を観ていると楽しくなって、頭の中が気持ち良くなる。
http://kanreki-gaho.cocolog-nifty.com/kanreki/2012/07/-1-bc33.html

リスが餌をくわえて巣に戻るように、読みたい本を一冊手に取り、席に戻る。
自分の部屋を持てるようになった頃からずっと、大きな本棚がある生活をしていた所為か、本棚の傍は何だか落ち着く。
珈琲を頂きながら、ゆっくりじっくりと読書を楽しむ。
どれもこれも読みたい本ばかりなので時間が足りない。
それはまた次回のお楽しみに…。


共通テーマ:アート

カカオ茶とココア饅頭とマカンボ [Cafe,Shop etc:お店]

52698784_2109020249186151_4389202108289646592_n.jpg[kikikoko]さんのInstagramにて、札幌のはかり売り商店[トロッコ]さんで『カカオ茶屋』が出現していると知る。
…カカオ茶ってどんな味なんだろう。
…お茶請けが[松風]さんのココア饅頭って、贅沢。
とても気になったので行ってきた。

-----
カカオ茶の見た目は、黒豆茶やそば茶のような黄金色。
きらきらと砂金のようにカカオ油分がきらめいている。
香りは確かにカカオなのだけど、味はほっこり飲み易い。甘みはない。
ココア饅頭はカカオの香りが生きていて、優しい甘さと、上に乗ったカカオのカリッとした食感とはじける香りが良い。
ご馳走様でした。

52658352_2109020239186152_6490890036135854080_n.jpg-----
お店では、カカオの他にもなたね油や塩なども量り売りで購入できる。
(容器は来店時に持参のこと。)

そのカウンターに面白い形をしたものを発見。
石?お菓子?
訊いてみたら、[マカンボ (macambo)]というペルー産の豆とのこと。
試しに購入して食べてみた。

サクッと軽い食感で淡白。
カカオ豆の仲間で、スーパーフードとして注目されているらしい。
高水準のテオブロミンが豊富で、見た目そのままの[脳豆]が和名らしいのも頷ける。
https://eigo.rumisunheart.com/2016/12/28/macambo-nut/
ちょっとクセになりそう。
容器持って、また買いに行こう。

-----
はかり売りとものさし トロッコ
札幌市中央区南1条西15丁目1-319 シャトールレーブ405号室
営業日=土・日 13時~17時
http://405.studio1065.com/


共通テーマ:アート

[喫茶カルメル堂]さんで、鉱物を愛でながら美味しい珈琲を頂く。 [Cafe,Shop etc:お店]

52292231_2098783270209849_2407644724950204416_n.jpg52144368_2098783220209854_7551440538101088256_n.jpg石好きの知人から「鉱物を愛でながら美味しい珈琲を味わえるカフェがある」と教えてくれた。
カフェの名前は[喫茶カルメル堂]さん。

レトロで落ち着いた雰囲気の隠れ家的なカフェで、特別に“石カフェ”というわけでは無く、ただカウンターに趣の良い鉱物が幾つか置いてあり、それらを眺めながら珈琲が味わえる、と。
女性たちに人気のカフェでいつも混雑しているらしいので、覚悟して行ってみたら、時間が良かったのか、狙っていた席(カウンター)に座る事が出来た。

飲み物は、中煎り珈琲は[神野珈琲]さん、深煎り珈琲は[珈琲とお菓子つぐみ]さんのブレンドなど。
(以前の深煎りは[森彦]さんだったらしい。)
それと、キッシュやケーキ、珈琲を使用したどら焼きなど。
迷いに迷って、今回は深煎りブレンドとジンジャーキャロットケーキを注文。

お店は女性ふたりで回している様子。
丁寧にネルで珈琲を淹れている。
私が席に着いた後ぐらいからお客様が多数いらして、それほど大きくなくてこじんまりとした店内はほぼ満席状態に。
でも、丁寧に作られて淹れられたものを提供するお店なのを皆様承知している所為か、頼んだものが運ばれてくるのを静かに待っている。
とても居心地が良い。

くすんで落ち着いた青色の壁。
時を重ねて馴染みが良く、温かみのあるインテリア。
そのカウンターの端に鉱物を発見。
お店の方の趣味らしい。
きちんと了解を得てから、手に取って見せて頂いた。
鉱物なので、取り扱いは特に丁寧に。

フローライトの中にフローライトがあるもの(フローライトファントム?)。
針状結晶のインクルージョンのあるフローライト。
青みが深くて、一瞬黒く見えるフローライト。
…と、水色の鉱物…アクアマリンかな?お店の方に訊けば良かった。
丁度混み出したタイミングだったので訊きそびれてしまった。

コクと香りが深くて、ひとくち含むとほっとするような美味しい珈琲。
自然の甘みとスパイスの香りが美味しいケーキ。
器は
それらを味わいながら、鉱物を愛でさせて頂きました。
大満足。
ご馳走様でした。

-----
喫茶カルメル堂
住所= 北海道札幌市中央区南一条西6-20-2 KYビル6F
営業時間= 火~土12:00~21:00(LO.20:30)/日12:00~19:00(LO.18:30)
定休日=月曜日、第1火曜日
https://www.instagram.com/carmel_do/?hl=ja


共通テーマ:アート

[昼飯晩飯でら]さんで『松藻そば』を頂く。 [Cafe,Shop etc:お店]

52011215_2093229317431911_7219231045458067456_n.jpg今年も[昼飯晩飯でら]さんで、期間限定・小牧産の『松藻そば』を頂きました。

松藻は冬から春(2~3月頃)が旬。
疲労回復に役立つビタミンB1、皮膚や粘膜の機能を維持するビタミンB2などが豊富で、栄養価が高い。

松の葉を思わせる形をしていて、磯の香りが豊か。
ツルツルした口当たりで、歯ざわりがしゃきしゃき。
お出汁の効いたお蕎麦とよく合います。
ご馳走様でした。

[松藻(マツモ)]
https://www.zukan-bouz.com/syu/%E3%83%9E%E3%83%84%E3%83%A2


共通テーマ:アート

[大衆食堂メシケン。]さん [Cafe,Shop etc:お店]

DyxNq3qU8AEGH1e.jpg large.jpg[大衆食堂メシケン。]さんの青唐辛子担々麺。
塩スープ。
コクあるけどコッテリじゃない。
爽やかな旨味と辛さ。
ネギたくさんで嬉しい。
全粒粉使用の麺も味わいあって美味しい。
あまりラーメン食べないけれど、これは何度でも食べたいと思えた。
おまけにコスパがとても良い。
ご馳走様でした。
-----
▼[大衆食堂 中華そばとおコメの店 メシケン。]
北海道札幌市手稲区新発寒4条1-1-55
11:00~21:00/完全禁煙
https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010203/1059996/


共通テーマ:アート

A newly opened cafe [Cafe ふわっと]さん [Cafe,Shop etc:お店]

50576357_2062057117215798_3566162666433019904_n.jpg病院からの帰り道、遠回りしてお散歩。
その途中で新しいお店、[Cafeふわっと]さんを発見。

-----
お店は今年1/1にオープンしたばかりの就労継続支援B型事業所のカフェで、障がいのある方の自立と社会活動の支援を行っているそうです。

お店はお靴を脱いで、スリッパに履き替えてから入ります。
ほんの少し手間だけれど、その分、店内ではリラックスして過ごせる気がします。

珈琲やスイーツ、ランチを楽しめるほか、可愛らしいハンドメイド雑貨品の製作と販売もされていて、これからどんな風に育っていくのかが楽しみなカフェ。
働く人もお客様も皆で楽しめるお店にしたい、とのこと。
キッズスペースもあるので、お子様と一緒に来ても大丈夫。
無料Wi-Fiがあるのも有難いです。

メニューはホットサンドやサラダ、スイーツなど。
農家さんから直に仕入れる新鮮野菜やオーガニック食材を使用しているらしく、身体にも心にも優しいメニューばかり。
他にも、グルテンフリー、ヴィーガン、ローフード、ロースイーツなどのメニューもあるらしい…。
よくあるカフェのドリンクメニューの他に、珈琲好き妊婦さんやカフェイン控えなくてはいけない方にも嬉しい[オーガニック穀物珈琲]もありました。

今回はケーキセットを注文。
珈琲豆は[豆源]さんのを使用。
様々な豆を入れ替えでご用意するそうなので、その日にどんな珈琲が味わえるのかはお楽しみ。
この日はグアテマラで、挽き立てをハンドドリップで淹れてくださいました。
また、この日のケーキは抹茶で、勿論店長さんの手作り。
此方も美味しかったです。
ご馳走様でした(^^)

-----
■ Cafe ふわっと
住所: 札幌市西区発寒5条4丁目2-55 GS1
電話: (090)64480421
定休日: 月曜日
営業時間: 10:00~16:00
https://mothersfuwatto.jimdofree.com/
https://www.instagram.com/mothers.fuwatto/
(※2019年1月25日現在の情報です。)


共通テーマ:アート

琴似のつぼやきいも屋さん [Cafe,Shop etc:お店]

49097776_2023523664402477_6058401372187918336_n.jpg49107920_2023523641069146_2313830523102822400_n.jpg冬になると、期間限定で焼き芋屋さんを開けるお店がある。

そのひとつが今回行ってきた『つぼやきいも』屋さん。
住所は、札幌市西区琴似2条2丁目…なのかな。
[山田皮膚科医院]と[羽田燃料]の間、桑園発寒通沿いにある。
通常は杉玉が下げられる屋根の下に提灯が下げられ、「やきいも」の登り旗が出ていたら、開店している合図。
名前はこれで合っているのか、営業日や時間はどうなのか…。
色々謎が多いけど、今回たまたま通りかかったら開いていたので入ってみた。

石焼き芋はよく食べるけれど、壺焼き芋は初めて。
壺の中に吊るして焼くので、皮の焦げが無い。
あと、遠赤外線効果でじっくり焼かれる所為か、芋の水分が保たれたままになる所為か、中までしっとり、芋の味が濃厚な気がした。

薩摩芋の種類は2種類。
今回は「シルクスイート」と「紅はるか」が販売されていた。
(2018/12/22現在では、何方も100g130円。)
「シルクスイート」は、きめ細やかな柔らかい食感で、薩摩芋の美味しさが濃厚だけど、さっぱりとした上品な味わい。
「紅はるか」は、ホクホクしっとり食感で、蜜がたっぷりでかなり甘く、スイーツのような味わい。
何方もとても美味!ご馳走様でした。

先を急いでいたので、開店時間やいつまで開けるのか等、訊いてくるのを忘れてしまった…失敗。
また開いていたら行ってみようと思う。


共通テーマ:アート

札幌市民交流プラザ内の[MORIHICO]さん [Cafe,Shop etc:お店]

48283378_2001103036644540_1049106879432622080_n.jpgチカホの[クラシエ]行って、グランビスタギャラリー行って…昨夜の分の疲れも少したまっていたので小休止。
初めて、札幌市民交流プラザ内の[MORIHICO]さんでアートブレンドを頂く。
心地良いソファに座り、カップに映った星のような電飾の光と共に、華やかな香りの珈琲を口に含む。
贅沢なひと時に身体も心も解される感覚。

ちょっと書き物するにも丁度良いテーブルの高さ。
ただ少し…この時期は寒いかな(^_^;)


共通テーマ:アート

小樽[ヴェールボア]さんでランチ。 [Cafe,Shop etc:お店]

47579811_1999474890140688_7254920106268950528_n.jpgI'm eating lunch in “Vale Boa”.
It’s Otaru chicken 's curry.
Very delicious!
小樽[ヴェールボア]さんでランチ。
小樽地鶏のチキンカレー。
なまら美味いっしょ!


共通テーマ:アート

好みや気分に合わせて…[多目的喫茶店アイビィ]さんのスペシャルアートブレンド [Cafe,Shop etc:お店]

47356855_1992935030794674_4835446736442884096_n.jpg[多目的喫茶店アイビィ]さんで、スペシャルアートブレンドを注文。
此方の好みや気分に合わせて、その日にあるストレートコーヒーをその場でブレンドしてくれる。
https://tamokutekikissatenn.wixsite.com/i-be

少し疲れ気味だったので「優しい味」とお願いする。
丸みと温かみを帯びた優しい味わいにほっとして、それから「はぁ…」とひと息。
息が浅くなっていたのかな(笑)。

静かで落ち着いた店内から外を眺める。
ゆったりとした気持ちになりました。
ご馳走様でした。



共通テーマ:アート

小樽の小さな雑貨屋さん[Rabbit Pie]さん [Cafe,Shop etc:お店]

DrEVkimUUAAcVH6.jpg large.jpg小樽の小さな雑貨屋さん[Rabbit Pie]さんでお買い物。
[シンプキン]のボタニカルキャンディ(ローズ)[ファロ]のカシス・マスタードのソース、[レラ・もうらい]の乾しいたけ100gを購入。
薔薇の飴が大好物なのだけど、なかなか売ってないから、出逢えて嬉しい!

他にもハーブティーやお菓子、変わった形の可愛いパスタなどが並んでいたり、お店の方が作ったハンドメイドのクマやネコのぬいぐるみ、ブックカバーなどもあって、小粒ながらも素敵な品揃えのお店。
-----
▼小樽の雑貨店 RabbitPie
住所:小樽市花園3丁目25-7
基本は毎日営業で、11:00~18:00だそうです。
ただし、退っ引きならない事情のあるときだけお休みさせて頂いてます…とのこと。
https://twitter.com/rabbit_pie?lang=ja
https://minne.com/@rabbit-pie



共通テーマ:アート

移転オープン![石蔵カフェ ヴェールボア]@小樽 [Cafe,Shop etc:お店]

45437221_1954480621306782_5570890109844193280_n.jpg移転してリニューアルオープンした、小樽の[石蔵カフェ ヴェールボア]さんでランチ。
元々足袋屋さんだった歴史ある軟石倉庫の中は、落ち着いた雰囲気で天井が高く、居心地良い。
メルヘン交差点から少し歩いた所にあるから、ちょっとお茶するにも良いんじゃないかな。
駐車場は2台分あるけれど、日曜祝日だともう少し駐車出来る場所が増えるようなので、その際はお店の方に訊いてみると良いかも。

久し振りにマスターの美味しいパスタを頂く。
旦那氏はカルボナーラ。自家製ベーコンも旨し。
私はトマトクリーム。トマトの旨味と酸味が食欲をそそり、一口毎に「やっぱり美味しい…」とじんわり感動。
ご馳走様でした(^_^)

-----
▼石蔵カフェ ヴェールボア 
住所:北海道小樽市相生町9-9
電話:0134-55-0984
営業時間:  
ランチタイム(11:00~14:00)
カフェタイム(14:00~17:00)
ディナータイム(17:00~20:30)
 ※ラストオーダーは30分前
定休日:木曜
完全禁煙、無料Wi-Fiあり
https://www.facebook.com/verrebois/


共通テーマ:アート

昔懐かしい駄菓子屋[藤川菓子店]さん [Cafe,Shop etc:お店]

44641835_1938126966275481_880038120345567232_n.jpgストレス発生→体調不良→精神的にダウン。
これではいけないな、と思い、気分転換も兼ねてお出掛け。

[すすきの市場]内にある「藤川菓子店」さん。
駄菓子が量り売りなので、好きなのを好きなだけ買えるのが楽しい。
100gで幾ら、と表記されているけれど、100g以下でも購入可能。
あれこれ可愛いお菓子達に目を奪われ、心うきうきさせながら、そばぼうろ、こけしアネス、動物ヨーチ、雷おこしを購入。
写真の駄菓子は、其々50gくらい、100円ちょっと。
こんなに買っても500円以下なのも嬉しい。
そして、おじちゃんの優しい笑顔も良い。
また少し癒されました(*´ω`*)感謝。
http://www.go-susukino.com/16652.html


共通テーマ:アート

ニセコの一軒家フレンチレストラン[ chez dou dou ]さん。 [Cafe,Shop etc:お店]

40058979_1868686079886237_7332648251138506752_n.jpgニセコをぶらり…。
でも、「行きたい」と思っていたお店が尽くお休みや営業時間外や臨時休業で、ランチジプシーに…(´・ω・`)
困ってた時に見つけたのが、一軒家のフレンチレストラン[chez dou dou(シェ・ドゥドゥ) ]さん。
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010603/1040089/
「ランチはご予約優先」と看板に記載してあったのだけど、ダメ元でお伺いしてみたら「15分ほどお待たせしますけれど…」とOKを頂きました。
急な訪問にご対応頂けて、本当に助かりました。
ありがとうございます!

お店は女性のシェフお一人で、調理、配膳、接客、会計、全てをこなしています。
なので、少しお時間が掛かります。
窓から見える草原、空や雲やトンボや蝶、看板犬(或いはオーナーなのかな(笑)のわんこ様を眺めながら、暫し待機…。

選べる前菜+選べるメイン料理+パン、サイドメニューでスープを注文。
前菜は「イナダとレンズ豆のサラダ」、メインは「ヒラメのカレーソース・玄米添え」、スープは「夏野菜の冷製ポタージュ」。
(料理名、うろ覚え。)
空腹で朦朧としていた所為か、前菜もメインも魚を選択してしまったけど、何方も美味しかったので良し。
フランスパンも美味しくて、ちょっとびっくり。お店で焼いているのかな…。

どれもとても美味しくて大満足です。
ご馳走様でした。


共通テーマ:アート

ニセコのブックカフェ[有島記念館×高野珈琲店]さん [Cafe,Shop etc:お店]

40031594_1865104690244376_6293249874695553024_n.jpgニセコ[有島記念館]へ。
https://www.town.niseko.lg.jp/arishima_museum/
「カインの末裔」「生れ出づる悩み」「一房の葡萄」など数々の作品を残した、大正時代を代表する作家[有島武郎]氏の写真や書簡、出版物、絵画や書などが展示されている。

その館内にあるブックカフェ[高野珈琲店]さん。
http://www.takano-coffee.com/information3.html
美味しい珈琲(生まれ出ずる悩みブレンド)を頂きながら、前庭を飛ぶ蜻蛉や蝶や、羊蹄山の真上の雲の変容っぷりをぼんやりと眺める。

テーブルの上のメニュー表の裏には[森ヒロコ]さんの画集の紹介があったり、カウンター上には[あらひろこ]さんや[Ennui]さんなどのCDが並んでいたりして。
私が好きな方々とのこういう旅先での出逢いは、ちょっと嬉しくなる。

そして[高野珈琲店]さんは猫好きのようで、カップやドリップパック、珈琲豆パッケージ等に猫が描かれている。
本店には猫雑貨もあり、猫さま達もいらっしゃるらしい。

それにしても、この珈琲、美味しい。
時間の経過と共に味の変化を楽しめるのは、珈琲が美味しいからなのは勿論の事なのだけど、ゆったりとした時間があるから。
とても贅沢だと思う。有難い。


共通テーマ:アート

ニセコの癒しスポット[ 雑貨カフェfucca ]さん [Cafe,Shop etc:お店]

40139341_1869218299833015_1879517082169638912_n.jpg40095715_1869218256499686_1663395337152233472_n.jpgちょっと遅めの夏休み。ニセコへと向かう。
途中「動物います!雑貨カフェ」の看板を発見!

お店は[ 雑貨カフェfucca ]さん。
カフェには、ピザやソフトクリームなどの美味しそうなメニュー。
以前競馬で活躍していた「タカオセンチュリー」というサラブレットもいて、お馬さん見ながら宿泊できるコテージもありました。

可愛い動物たちがいるので、勿論テンションが上がるのだけど、店内や雑貨の可愛さでもかなり上がる。
札幌では見掛けないハンドメイド作家さんの作品もあり、一目惚れした小物入れを購入。
ニセコで活躍してらっしゃる作家さんらしい…。
なまらめんこいです。
https://www.instagram.com/kazumi0033/

そして、ここぞとばかりに動物達との触れ合いタ~イム!
午後の蒸し暑さもあって、ちょっとお眠気味だったので、お昼寝の邪魔しない程度に触れ合う、眺める。
めんこいわ~癒されるわ~至福だわ~(*´∀`*)

---
■ 雑貨カフェfucca(フッカ)
住所=北海道虻田郡真狩村富里104-6
電話=0136-55-8124
営業時間=10:00~17:00(定休日:水曜日)
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010603/1045662/
https://www.facebook.com/pages/biz/%E9%9B%91%E8%B2%A8%E3%82%AB%E3%83%95%E3%82%A7fucca-1299007920141571/



共通テーマ:アート

ニセコ[湯ノ里デスク]さんの工房へ行きました。 [Cafe,Shop etc:お店]

40049739_1868603356561176_276070769685954560_n.jpg40058484_1869780566443455_8779312305809653760_n.jpg以前から行ってみたいと思っていた[湯ノ里デスク]さんへ。
http://www.yunosato-desk.com/
此処で生まれた「腕時計ホルダー」が家にあるので、その故郷を訪れてみたかったのです。
代表の佐々木さんが玄関まで来てくださり、工場内や作品に関して、とても丁寧に説明してくださいました。

2002年に閉校した[湯里小学校]の校舎を使って工房としているので、様々な箇所にその様子が残ってました。
それを見るのも楽しく、初めて訪れた場所とはいえ懐かしさを感じます。

私達が訪れた時は丁度、ペーパーコードを使って、椅子の座面を編んでいる最中。
編まれる前の木材部分も観る事ができ、脚が当たる部分のカーブや傾き、面取りなどからも職人の拘りを感じます。
また、工場で排出されたオガ屑は町のゴミ処理場に運ばれて、良質な肥料になるのだそうです。

[湯ノ里デスク]さんの作品はどれも佇まいが美しいです。
決して出しゃばることなく、生活の傍に寄り添い、そこにあるだけで丁寧に重ねられた時間が流れてくるような感覚は、職人さんがそのことを大切に想い、制作されているからなのだと思います。
行く事が出来て、本当に良かったです。
また是非とも訪れてみたいと思いました。

ショールームで[nagomi*zu]さんのカップを発見!
お話を訊いたところ、お知り合いで、以前此方で作品展を行ったりしたこともあるとか。
その時に来てみたかったなぁ。

今回は、同工房で販売されていた[Kpoint]さんのスプーンを購入。
どのスプーンも、木材の違いや木目、形が微妙に違って可愛くて、かなり迷いましたが…。
購入時に[さかいりょうへい]さんの絵のポストカードを頂きました。
ありがとうございます。
なので、今度買うなら「カードハンガー」かな…。
http://www.yunosato-desk.com/Catalogue/craft/cr12.html


共通テーマ:アート

美味しいバターサンド[whip]さん [Cafe,Shop etc:お店]

38810940_1843462289075283_4341555089727553536_n.jpg-------------
2019/05/12に閉店しました。
https://yama-me-mo.blog.so-net.ne.jp/2019-05-17-1
-------------
以前ちょこちょこ通っていたマッサージ屋さんから教えてもらっていた焼菓子屋さん。
オープンしたとInstagramで知ったので、ちょっとお出掛け。

お店の名前は[whip]さん。
以前ブログに記載した[喫茶オリオン]さんの直ぐ裏にある、小さくて可愛らしいお店。
手作りのお菓子を、金曜日と土曜日のみ店頭で販売。
時々イベントにも出店されているのだそうです。
(2018/08/11現在)

店内の改修、インテリア装飾などは、店長さんご自身でなされたのだそう。
こだわりのアンティーク家具や小物が、ほっこり落ち着いた優しい雰囲気を醸し出しています。
入り口横の壁には、焼菓子のような小さなブローチも販売されていました。

お店の看板商品、バターサンド2種(キャラメル、ラムレーズン)を購入。
サクサクしたクッキーにバタークリームが挟まっていて、結構食べ応えあり。
バターサンド(キャラメル)は、少し塩気のある甘いキャラメルとクリーム。
珈琲に合う感じ。
バターサンド(ラムレーズン)は、紅茶が合いそう…。
※合う合わないは個人の感想です(笑)ので、是非とも味わってみてくださいませ。
とても美味しかったです。
ご馳走様でした。

新しいことを始めたばかりの方からお話を訊かせて頂けると、その直向きさや謙虚さに元気がもらえる気がします。
そして、美味しいものを食べると、さてもうちょっと頑張ろうかなって思えます。
ありがたいなぁ…(*´ω`*)
-----
whip(ホイップ)
店舗営業時間: 金・土曜日 11:00am~売り切り
住所: 札幌市西区発寒5条3丁目12-3 石川ビル1F
最寄り駅:JR発寒中央駅/地下鉄東西線−発寒南駅
(JR発寒中央駅から徒歩5分、地下鉄発寒南駅から徒歩7分くらい…かな)
※ 駐車スペース無し、クレジット不可、イートインスペース無し
https://836hitomi.wixsite.com/mysite
https://www.instagram.com/k.umakuma/


共通テーマ:アート

小樽のカフェ[Coffee House CHAFF]さん。 [Cafe,Shop etc:お店]

38674356_1838011739620338_7714426966367010816_n.jpg以前から気になっていた[Coffee House CHAFF]さんへ。
http://coffeehousechaff.web.fc2.com/index.html

小樽駅から余市方面へ歩いて、船見坂の交差点まで来ると見えてくる[小樽中央市場]。
長い建物に沿って、海へ向かって降りて行くと、その1棟目にあるお店。
(この道順だと裏側に面している。)

扉開けて、直ぐ横に焙煎機…格好良い。
白を基調とした店内に、焙煎機と椅子の赤色が生える。
可愛いけど、落ち着いた雰囲気。
店内レイアウトやデザイン、BGMなどのセンスも良い感じ。

お店の一角、魚ものを展示した棚があり、そこで見覚えがある彫刻作品を発見。
私が持っているコレに似ている彫り方、着色…。
https://yama-me-mo.blog.so-net.ne.jp/2018-02-23
気になったのでマスターにお話を訊いたところ、やはり[中村俊幸]さんの作品でした。
http://www.owl-akan.com/
釧路の画家[佐々木榮松](ささきえいしょう)さんの作品も素敵。
http://shitsugenmuseum.sakura.ne.jp/index.html

自家焙煎されたタンザニア(ンゴロンゴロAA++)を注文。
コクと力強さ、飲み応えあり…美味し。
ご馳走様でした。
※写真は、少し飲んでしまってから撮影…(^^;)

店名になっている[CHAFF]って何だろう…。
お訊きしたところ、珈琲豆の焙煎時に熱によって剥がれ落ちる薄皮(シルバースキン)の事、だそうです。
実際に触れさせて頂きましたが、鰹節みたいな軽い薄皮のカス。
「自分は『こうならないぞ』って意味で…」と笑って答えられたマスター。
粋だなぁって思いました。


共通テーマ:アート

精神的に疲労している時は…[玄米ごはん・カフェじょじょ]さんへ。 [Cafe,Shop etc:お店]

33087608_1732642490157264_60540553334358016_n.jpg精神的に疲労している時は、滋味深い料理を食べたくなる。
というわけで、[玄米ごはん・カフェじょじょ]さんでランチ。
[雑穀ディッシュ]を注文。
ひえコロッケ、もち黍の春巻き、雑穀米で雑穀をたっぷり味わう。
旬の野菜も優しい味。
ひとつひとつ味わいながら、ゆっくり頂く。
ちょっと疲れていた心がふっくらと膨らんでいく。
大地の恵み、命を頂けることが有難い。
ご馳走様でした。

【玄米ごはん・カフェじょじょ】
札幌市手稲区冨丘5条4-18-6
http://genmai-jojo.com/


共通テーマ:アート

南インドカレーとロースイーツのカフェ[あおいねこ]さん [Cafe,Shop etc:お店]

31603730_1712191595535687_2407113544869871616_n.jpg小樽市高島にある、南インドカレーとロースイーツのカフェ[あおいねこ]さんでランチを頂いてきました。
前回、妙見市場のイベントで頂いたのですが…。
http://yama-me-mo.blog.so-net.ne.jp/2018-04-22
お店にお邪魔するのは初めてです。


▼▼ 続きを読む (click★) ▼▼



共通テーマ:グルメ・料理

[南インドカレーとロースイーツ あおいねこ]さんのチキンカレー&春キャベツのクートゥ [Cafe,Shop etc:お店]

31100552_1702486283172885_8961242889536723160_n.jpg妙見市場の『シビックマーケット』にて、[南インドカレーとロースイーツ あおいねこ]さんの、チキンカレー&春キャベツのクートゥの2種盛りを頂きました。
イベント出店で、開店してから時間が経過していたこともあり、「持ってきたご飯足りない…」という事で、[ミリケン]さんのお店で残っていたご飯を足して頂きました。
お陰様で、ご飯もバスマティライスと日本米の2種盛り!
贅沢!
私の「食べたい!」我儘を叶えてくださって、御二方に感謝致します。
ありがとうございます(*´ω`*)

チキンカレーはお肉がホロホロ。
程良い辛さ、香辛料の香り。
サラッとして、旨味があざやか。
クートゥ…初めて食べた。
辛くなくて(野菜の甘さがあって)ほんのりスパイシー。
何となく、ぽてっとした食感…馬鈴薯?豆かな?
私の中では新しい味覚と食感。
人参と玉葱のお漬物(アチャールと言うらしい)も、さっぱり美味しく、良い口休め。

食べ終わった後、口内に変な脂っぽさが残らず、また胃もたれも感じない。
何となく、身体がすっきりするような。
油少なめの南インド料理の特徴なのかな。
スパイシーなのだけど全体的に優しい味で、食べていると癒されます。
ご馳走様でした。
今度はお店に行って食べたいなぁ。

-----
■ 南インドカレーとロースイーツのカフェ あおいねこ
住所:小樽市高島2-17-12
電話:0134-64-5756
営業日:土日月火 12:00~18:00
http://mitsuba-do.jugem.jp/
https://www.facebook.com/aoineko.otaru/
https://tabelog.com/hokkaido/A0106/A010601/1056845/


共通テーマ:グルメ・料理
前の30件 | - Cafe,Shop etc:お店 ブログトップ