So-net無料ブログ作成

【 yama_me. 】
Artist. Painter. Amateur Musician.
Andes25F(Keyboard blowing flute)player.
Check the state of my artwork and concerts from the category!
【 絵縒り屋(えよりや) やまメ 】店主。
絵描き。音楽少々。鍵盤吹奏笛アンデス25Fを演奏。
作品やライブレポートは、categoryからご覧頂けます。
[かわいい][Announcement:諸々告知][かわいい]
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

『スウェーデン芸術祭in小樽 2018』を鑑賞。 [Art appreciation:作品鑑賞]

39105171_1848157005272478_1692816881037082624_n.jpgスウェーデン芸術祭in小樽 2018』を鑑賞しに[市立小樽美術館]へ。
テーマは「" TRINUS "旅する思考 」。
今年2018年は、スウェーデンと日本の外交関係樹立150年、そして北海道命名150周年という事で、スウェーデンの芸術家達と小樽の芸術家や小樽市民と協力し創作。
小樽初の国際芸術祭を開催となったらしい。
両国の芸術家9名による絵画や映像、詩やオブジェ、インスタレーションなどの作品。
https://www.sweden-artfes.com/

私が気になったのは、[Katarina Joensson Norling](カタリーナ・ヨンソン・ノーリング)氏の「GreenRiver」。
とうとうと流れる川面の表情に、時間の流れやその時に見える景色や記憶、感情などが浮かんでは消えていく感じ。
[Sanne Sihm](サンネ・シーム)]氏の作品は、感覚的に好き。
特に人物の顔を大きく描いた作品。とても惹かれます。
そして、屋外に創作されたインスタレーション「Crossroads」。
出会い、立ち止まり、去ってはまた出逢う。
様々に交錯し、繋がる思考や感覚。
陽の当たり方、風や影など、時間の経過と共にで表情が変化していくのも面白いと思う。
9月になったらまた来よう。
-----
▼『スウェーデン芸術祭in小樽 2018
日時=2018年7月21日(土)~9月16日(日)
     (開館時間9:30~17:00 最終入館16:30)
休館日=月曜日、8月14日(火) 
場所=市立小樽美術館(小樽市色内1丁目9-5)
     http://otarubij-kyoryoku.com/
屋内作品展示(美術館内)=一般600円/高校生・市内高齢者300円/中学生以下 無料 
​※屋外インスタレーション=無料